ホーム>お米日記>2016年4月

2016年4月

お米屋の美味しい野菜<ホウレン草・小松菜>

まいど~ めっきりめっきり温かくなりました。なりました。いや暑いくらいです暑いくらいですね。

畑のホウレン草に小松菜もすくすく育ち収穫の時期になりました。

農薬を使わず育てたので、、こう温かくなると青虫もそろそろお目見えしそうです。

2016426115037.jpg

 

大阪府米穀小売商連合会 総会にいってきました。

まいど~ 昨日 大米連 総会に行ってきました。

今年度も河中会長のもと理事として連合会を盛り上げていけるよう頑張ります。

201642515154.jpg2016425151539.jpg

総会の後に、株式会社金子商店の金子様よりご講義いただきました。

『笑顔』『健康・元気』『田んぼを次の世代につなげたい』を目的にかかげ頑張ってらしゃることに

とても共感いたしました。

2016425151610.jpg

お米やさんの自家製ほうれん草

お米やさんの自家製ほうれん草
 

まいど~
お待たせしました。
ほうれん草を収穫しました。
農薬を使わず、化学肥料も使わず、正真正銘の無農薬栽培!
この時期は虫にも食べられないので綺麗にできました

夏野菜の準備着々と進んでいます。

まいどー また趣味の日記になりますがすいません<m(__)m>

毎年お客様にご好評の自家製野菜の販売にむけて植えつけ完了しまいた。

2016420174434.jpg2016420174543.jpg2016420174619.jpg

じゃがいももすくすく育ち、はやくも小さな芋をつけています。

ほうれんそうと小松菜はもうすぐ収穫できそうです。

さんどまめも元気に育っています。

2016420175227.jpg201642017563.jpg

トマトは雨があたらないように、簡易ハウスをたてました。

2016420175712.jpg2016420175641.jpg

キュウリに茄子も植えつけました。

早く大きくなぁ~~あれ(*^_^*)

熊本県の地震被害を受けられた皆様にお見舞い申しあげます。

まいどー とても大きな被害になってきてます。

不安な日々を過ごされていることと、お見舞い申し上げます。

九州のお米も多数扱っていますので、産地の方々の被害も心配です。

嫁の実家は宮崎県なのですが、被害が広がらないか心配です。

大阪からすぐに何ができる訳でもないですが、皆様の無事と健康を祈るばかりです。

 

 

朝起きると牡丹の花がほころびはじめてました。

春の花もつぎつぎに咲きはじめてきました。

心のなごみになればと思い、生けてみました。

2016416111350.jpg

お米屋ですが、お花生けてみました。

まいどー 

いつもお堅い話ばかりでは、書くネタもなくなってしまうので趣味のブログもアップしていきまぁす。

実は・・・・独学なんですが、お店に花を生けてます。

たまになんですがね(*^_^*)

ご意見ご感想ご指導いただけますと嬉しいです。

2016414184238.jpg

自己紹介②<おこめアドバイザー・お米マイスター・お米アドバイザー>

まいどー 自己紹介が途中でした。

平成9年の1月に大阪に帰ってきました。

小学校の時から親父の手伝いで米にかかわってましたが、自分で商売としては

この時からとなります。

お米をよく知るところからはじめました。

まず、財団法人全国米穀協会の『おこめアドバイザー』の資格を取る為、1年半の通信教育を受講、

東京でのスクーリングにもいき見事合格しました。大学卒業してあんなにも勉強したのは後にも先にも、

この時ぐらいです。ペンだこができました。(*^_^*)

子供も次男・三男と授かりました。

2003年3月 日本米穀小売商業組合連合会主催の 『お米マイスター』の三ツ星に認定

2004年10月 『お米マイスター』の五ツ星に認定

2013年8月 一般財団法人 日本穀物検定協会の『お米アドバイザー』の認定を取得

日々お米の事をよく知ろうと研鑽しています。

2016414181018.jpg2016414181041.jpg
2016414181137.jpg201641418117.jpg

安心・安全な7分づきごはんのできるまで・・・

1.玄米を玄米色彩選別機にかけ、異物やヤケ米・青米を選別します。

201641416237.jpg201641416313.jpg

 

                     ボールの左側ができあがり、右側は弾かれたお米です。
 
 
2.分づき開始
  
   7分づきをつくのにまずは、3分づき位にします。
201641416931.jpg
2016414164257.jpg2016414164350.jpg
 
   次に5分づき位にして
2016414164530.jpg2016414164558.jpg 
 
   最終 7分づきにに仕上げます。
201641416478.jpg2016414164733.jpg
 
   このように段階を踏んで分づきにしないと、胚芽部分が飛んでしまったり、つきむらが
   できてしまいます。
 
3.白米色彩選別機にかけます。
 
2016414165356.jpg2016414165443.jpg2016414165515.jpg  
 
   乳白の多い米粒や、カメムシにかまれて黒くなった米を飛ばします。
 
2016414165740.jpg2016414165759.jpg
 
  飛ばされたお米は廃棄されます。
  白米色彩選別機にかけるには最低10kgからとなります。
  それよりも少ない場合は目視でとりのぞきます。
 

2016414171421.jpg

きれいで安全な7分づきのできあがりです。
 
どうぞ安心してお召し上がりください。
 

手軽においしく玄米食・炊飯器で簡単炊飯<北海道あやひめ>

北海道産<あやひめ>を玄米のまま炊飯してみました。

白米を炊くのと同じように、3合(450g)洗米し浸水します。

浸水時間も白米の場合と同じ1時間しました。

お水の量は炊飯器の玄米の3合の線にあわせます。

2016414153259.jpg

2016414153344.jpg

炊飯器の玄米炊飯に合わせてスイッチオン

通常炊飯より長い時間に自動でセットされました。

後は炊き上がりを待ちます。

2016414153736.jpg

201641415384.jpg

もちもち、甘みのある玄米ご飯のできあがりです。

あやひめは玄米炊飯にもってこいのお米です。

長い時間浸水しなくても、普通に炊けます。

ぜひお試しください。

 

ページトップへ戻る