ホーム>お米日記>お米談義

お米談義

新品種ぞくぞくと・・・

まいど~ おいしいお米を探して日々まい進してるお米屋さんコスモ藤田です。

新品種がぞくぞくとでてきましたね。うちのお店でもアイテムを増やしました。

新潟県の『新之助』 『笑みの絆』

20161215135657.jpg

岩手県の『銀河のしずく』

2016121514743.jpg

北海道の『きたくりん』

岐阜県の『いのちの壱(龍の瞳)』

20161215135732.jpg

来年度発売予定の岩手県の『金色の風』

2016121514105.jpg

安心・安全な7分づきごはんのできるまで・・・

1.玄米を玄米色彩選別機にかけ、異物やヤケ米・青米を選別します。

201641416237.jpg201641416313.jpg

 

                     ボールの左側ができあがり、右側は弾かれたお米です。
 
 
2.分づき開始
  
   7分づきをつくのにまずは、3分づき位にします。
201641416931.jpg
2016414164257.jpg2016414164350.jpg
 
   次に5分づき位にして
2016414164530.jpg2016414164558.jpg 
 
   最終 7分づきにに仕上げます。
201641416478.jpg2016414164733.jpg
 
   このように段階を踏んで分づきにしないと、胚芽部分が飛んでしまったり、つきむらが
   できてしまいます。
 
3.白米色彩選別機にかけます。
 
2016414165356.jpg2016414165443.jpg2016414165515.jpg  
 
   乳白の多い米粒や、カメムシにかまれて黒くなった米を飛ばします。
 
2016414165740.jpg2016414165759.jpg
 
  飛ばされたお米は廃棄されます。
  白米色彩選別機にかけるには最低10kgからとなります。
  それよりも少ない場合は目視でとりのぞきます。
 

2016414171421.jpg

きれいで安全な7分づきのできあがりです。
 
どうぞ安心してお召し上がりください。
 

手軽においしく玄米食・炊飯器で簡単炊飯<北海道あやひめ>

北海道産<あやひめ>を玄米のまま炊飯してみました。

白米を炊くのと同じように、3合(450g)洗米し浸水します。

浸水時間も白米の場合と同じ1時間しました。

お水の量は炊飯器の玄米の3合の線にあわせます。

2016414153259.jpg

2016414153344.jpg

炊飯器の玄米炊飯に合わせてスイッチオン

通常炊飯より長い時間に自動でセットされました。

後は炊き上がりを待ちます。

2016414153736.jpg

201641415384.jpg

もちもち、甘みのある玄米ご飯のできあがりです。

あやひめは玄米炊飯にもってこいのお米です。

長い時間浸水しなくても、普通に炊けます。

ぜひお試しください。

 

青天の霹靂

青森県産 青天の霹靂

今話題の青森の新品種が入荷しました。

一回限りの入荷になります。

5kg 3000円 税込

おためしで食べてみました。

甘みがありとっても粘りがありました。粒も大きめです。

残り3袋 メールでご注文ください。

20151222112838.jpg

玄米色彩選別機で飛ばしたお米

玄米色彩選別機 撥ねたお米

玄米の中には、籾・石・ヤケ米・未熟米・着色粒なども含まれています。

 

玄米でお食べいただくとき、籾・石は当然除去しなくてはなりませんし、

 

ヤケ米・未熟米・着色粒は炊飯したとき気になりますので極力

 

取り除きたいですよね

 

コスモでは玄米色彩選別機でそれらを飛ばしました。

 

機械の流量を少なくして、選別しなくてはならないので30kgあたり

 

30分くらいかかりました。

 

 

 

 

ページトップへ戻る